医療法人ART 岡本ウーマンズクリニック 長崎の不妊治療専門院

ご予約・お問い合わせTEL.095-820-2864 長崎市江戸町長崎県庁正門から徒歩1分
ご予約・お問い合わせTEL.095-820-2864

体験談体験談

当クリニックで実際に不妊治療に向き合った皆さんからのお便りをご紹介しています。
通院中の患者様はもちろん、不妊治療を考えているけれども今一歩踏み出せずにいる皆さんへの力と勇気になれば嬉しいです。

→2017年の体験談はこちら

周りのサポートで乗り切れました

最初に岡本ウーマンズクリニックを訪れたのは、平成23年7月、人工授精、顕微授精、保存胚移植を経て平成26年2月に第1子出産。平成27年2月から第2子計画し同年12月に第2子を無事に出産することができました。
第1子を授かるまでは、長く精神的辛い日々が続きましたが、周りのサポートで乗り切れました。岡本先生、山口先生、スタッフの方にはとても感謝しています。ありがとうございました。

遠方からでも通いやすいと思います

約1年の通院で採卵2回、移植2回を行い、2回目の凍結卵の移植で無事3月24日に長男を出産しました。 結婚12年目での出産でしたので、家族みんな大喜びでした。
私は低AMH、主人は精子の数が少ないと双方に原因がありましたので、すぐに体外受精に進みました。
結果を出していただけた院長先生、副院長先生、看護師さん、培養士さん、全ての方に感謝申し上げます。佐世保からの通院はつらかったですが、高速をおりてすぐの場所でわかりやすかったので、遠方からでも通いやすいと思います。
高齢のため、次があるかはわかりませんが、2人目の時もお世話になりたいです。

仕事より子供です

37才で結婚、40才になり近医で基礎体温測定と内服治療していましたが約1年経ち、気持ちがあせって来ました。 先生に気持ちを伝え岡本ウーマンズクリニックへ紹介状をお願いしました。
岡本先生のクリニックへ受診し、色々不妊の原因とか仕事のこととか悩む事もあったけど、先生のお話で願いは子供を授かることと言葉があり納得しました。
早速、私達は治療にのぞみました。12月に初めて受診し4月に採卵OPE、6月に2回目の移植で妊娠!半年で願いが叶いました。
治療スケジュールがあるのでもちろんそちらを優先し、そうすると仕事の都合もあるし、けれど仕事と子供と考えると今しかないと思い仕事を優先すれば時期をのがすし、職場の理解も薄いので私は仕事を辞めました。仕事より子供です。辞めて良かったです。
元気な赤ちゃんありがとうございます。治療をしていた近医で出産しました。
力をくださった皆様に感謝です。

自分に合った治療法を見つけることが、妊娠への近道

岡本先生、山口先生、スタッフのみなさん大変お世話になりました。4月13日予定日より10日遅れで、無事に男の子を出産することができました。
私はチョコレート嚢胞があり自然妊娠は難しいといわれていましたが、タイミング法を10回程トライしても妊娠に至らず、3度の顕微授精で子供を授かることができました。
不妊治療は経済的にも精神的にもとても負担になるものでしたが、先生方は詳しく説明してくださり、看護師さんも優しく接してくださったことが、とてもありがたかったです。
私のまわりにも不妊で悩んでいる人が多くいます。不妊治療を始めることを迷っている人は、まずは話を聞くために受診してほしいと思います。自分の知らないこともありますし、自分に合った治療法を見つけることが、妊娠への近道だと思います。私ももっと早く不妊治療をできれば良かったと思います。
辛いこと、不安なこともたくさんありましたが、我が子を出産することができ、頑張って良かったと心から思いました。本当にありがとうございました。

夫婦が協力して臨むことが大切だと感じました

結婚して2年経っても子供が出来ず、夫婦で話し合い、不妊治療を始めようと決意しこちらの病院にお世話になることにしました。
はじめは「タイミング法ですぐにでも授かるだろう」と軽く考えていましたが、なかなか授かることができず、タイミング法、人工授精、体外受精と約2年かかってようやく授かることができました。
治療中は“出口のないトンネル”に入ってしまったかのようで全く先が見えず、「今回もダメか・・・」と落ち込んで精神的につらい日々でしたが、先生方に頼って“大丈夫”と信じ続けて良かったと感じています。
女性の立場からすると、男性よりも病院に行く頻度が多いし、診察や検査も様々あってとてもツライですが、夫を見ているとやはり女性にはわからない男性特有のツラさがあるように感じました。不妊治療は夫婦が協力して臨むことが大切だと感じました。

もっと早く岡本先生のとこへきていれば良かった!

今の旦那さんと結婚する前から同棲していましたがなかなか避妊しないのに授かりませんでした。おかしいと思い22才という若さで不妊を調べました。結果は原因不明。その時行った病院は別の病院だったのですが、タイミング法をやりだしました。しかし、なかなか結果は出ず。それ以上の治療は結婚しないとできないということで彼氏にもできないかもしれないことの確認をとりそれでもいいと言ってもらえ無事結婚。旦那にも異常はなくやはり原因不明。2年間タイミングで頑張りましたが、性行為をすることにも義務に感じだんだんできなくなり、ステップアップするにもお金がなく、貯金するために治療を3年中断。
そして岡本先生のところへ。 この時思ったのが、もっと早く岡本先生のとこへきていれば良かった!と思いました。
理解をしてもらえ人工授精をとばして体外へ進めました。早く欲しかったので確実に。
体外では受精率が悪く、1つ受精して戻すも流産の結果で失敗。すぐに顕微に切り換え。たくさん卵とれ、1つ戻すも失敗。凍結胚で無事1回で妊娠に至りました。31才です。
私的にはもっと早くなんでステップアップしてなかったんだろう。すぐ顕微してれば良かったと思いました。
長くなると精神的にもお金的にもツラかったです。けど無事妊娠出産できてよかったです。
岡本ウーマンズクリニックの皆様に感謝しかないです。

病院選びも大切ですね

最初は2人共高齢(30代後半、40代後半)だったため、無理に不妊治療してまで子どもを欲しいとは思っていませんでした。妻が後で後悔するより、努力してダメだったらあきらめもつくからと言われ治療をはじめましたが、失敗して落ち込む妻の姿を見るのは自分も何と声をかけて良いかわからず、やはり治療しなかった方が良かったのかと思ったこともありました。
この受精卵がなくなったら治療は終わりにしようと2人で話し、最後の移植の時はできるだけ前向きに成功したら親子3人でやりたいことや未来の姿を想像するなど精神面でできるだけ妻を支える努力をしました。その甲斐あってか、ようやく妊娠、出産に至りました。
産まれてきた我が子はとても愛しい存在で、二人で頑張って治療をしてよかったと心から思っています。貴院の技術の高さも成功の大きな足がかりになったと思います。
病院選びも大切ですね。

40才で出産できるなんて思ってもみませんでした

自然妊娠しないので思いきって不妊治療をはじめました。年齢も40才近かったので、最初から体外受精を希望しました。
何度かうまくいかず落ち込んだり、止め時を考えたり、子供がいない人生も受け入れないといけないと思ったりしていました。しかし、院長先生は私にとって一番ベストな方法を考えてくれていたようで、なかなか着床しないから検査を入れてくれたり、丁寧に説明をしてくれました。
子宮鏡検査で小さなポリープがみつかり、もしかしたらそれが原因かもといわれプロベアウスの処置後ようやく妊娠。その妊娠は継続しなかったけれど、検査後妊娠できたということが大きな自信につながりました。
その後、一度失敗しましたがようやく再度妊娠判定をいただき、今回の出産に至りました。
妊娠中は出血が続いたり、前置胎盤疑いで大きな病院へ転院したりといろいろありましたが無事元気な男の子を産むことができました。今、この子を抱けるのは先生やスタッフのみなさんのおかげだと思っております。
40才で出産できるなんて思ってもみませんでした。あきらめないで良かったです。

この病院に通ってよかったです

子供が欲しいと思ってから1年半。基礎体温などを計っていましたがなかなか出来ず、、、生理不順もあった為、思いきって夫婦2人で検査をすることにしました。
初めての診察で多嚢胞性卵巣症候群とわかりました。まさか自分が出来にくい体だったとは思わずショックでしたが、タイミング法から行うことにしました。何と、1回目のタイミング法で妊娠することが出来ました。
本当にこの病院に通ってよかったです。病院に通って1ヶ月たたずに妊娠できたことに感謝しております。本当にありがとうございました。

自分の覚悟の足らなさを感じ日々勉強でした

なかなか2人目を授からないので自分の年齢も考え、不妊治療に挑戦することを決めました。
受診するたび、自分の覚悟の足らなさを感じ日々勉強でした。先生方の助言は厳しく感じたこともありましたが、今思えばとても適切で信頼できるものでした。落ち込んだときも、先生方の話を信じ、最後まで治療を続けることができて良かったと思っています。
できればもう一人・・・と思っています。そのときは、またお世話になりたいです。よろしくお願いします。

なるようになるさの気持ちで

2015年10月、3750gの男の赤ちゃんを出産しました。最近笑うようになりその笑顔を見ると本当に幸せを感じます。
この子に会えたのは岡本先生に出逢えたおかげだと思います。岡本先生は確かに気難しく見える所はありますが(先生すみません)、私達子供が欲しい女性の気持ちをわかってくださる先生です。
ネットで先生や病院への不満をいろいろみましたが、先生を信頼して進んでみたらいかがでしょうか?早く妊娠したい気持ちは分かりますが、焦らずなるようになるさの気持ちでいるといいと思います。

我が子が欲しいという気持ちと、夫や職場の理解、協力があったおかげ

私は今回、不妊治療(顕微授精)にて2度目の妊娠となりました。
1度目は結婚から5年目の第一子の誕生につながったもので時間はかかりましたが、体外受精に入ってからは1回目での妊娠でした。体外受精をすれば妊娠できるものと思い、第二子の誕生に向けて治療を行いましたが、何度やってもなかなか妊娠につながりませんでした。
1度目の凍結卵もなくなり、2度目の採卵。幸い受精卵はたくさんできたのですが、治療を続けるうちに金銭的に継続が難しくなり一時休憩。しばらくして治療再開。今回2度目の妊娠に至るまでに体外受精の回数7・8回。第一子誕生からは3年が過ぎていました。それでも継続できたのは、第二子が欲しいという気持ちと、夫や職場の理解、協力があったからだと思います。
今回、2度目の妊娠から無事出産へとつながり、待望の第二子に会えることが出来ました。治療や妊娠へつながらない時期は身体的にも精神的にもつらいですが、やっぱり自分の子供をさずかるというのは嬉しいことで、つらい時期がなかったら味わえないことだと私は思います。
私は子どもは3人欲しいと思っており、たぶん今後も自然妊娠は難しいのかなと思っているので、第三子、3度目の妊娠に向けて、もう一度治療を再開すると思います。
色々な考え、形、治療があるので、私の体験がためになる方は少ないのかもしれませんが、この体験談を読んで少しでももう少し頑張ってみようかな等と思われる方がいれば、お互い頑張りましょう。我が子に会うために。

夫婦で励まし合って乗り越える事ができました

昨日、無事長女が誕生しました。
夫婦共に31歳で初めて病院で診察を受けましたが、始めはすぐに妊娠するだろうと思っていました。最後は体外受精で無事妊娠しましたが、二人供に後悔したくは無いという思いで体外受精を決心しました。
体外受精1回目は妊娠まで至らず一度不妊治療を中断した事もありましたが2回目で妊娠する事ができました。妊娠と言われた時に二人供信じられず妊娠と実感できたのはしばらくかかってからでした。
妊娠中は精神的にも非常に辛いですが、夫婦で「もしダメでも後で後悔しないようにできる限りのことはやろう」と励まし合って乗り越える事ができました。

後悔したくないとの思いで夫婦で頑張ることができました

結婚して4年が経っても、なかなか子宝に恵まれず、周りの妊娠・出産に焦る気持ちが募っていきました。もしかして私に原因があるのでは・・・と思いながらもなかなか病院に行く勇気がありませんでした。でも原因があるなら早く分かった方がいいと思い直し、勇気を出して受診しました。
結果、低AMHと分かり、その時は絶望的な気持ちになりましたが、主人の支えもあり、治療を始めました。
妊娠に至るまで3年近くかかり、途中諦めかけたこともありましたが、後悔したくないとの思いで夫婦で頑張ることができました。

子供を授かるタイミングは、今、だったんだなと思います

結婚して子供がほしいと思ってから、妊娠に至るまで約5年かかってしまいました。かかった費用は総額200万円を超えました(自己負担は、助成金があったので数十万円安価)。
治療を始めたころは、体外受精なんて、という気持ちが強く、自宅の近くの産婦人科で、タイミング35回、人工授精5回、その後も転院しタイミング4回、人工授精1回を行いました。
当時の私はフルで仕事をしており、環境的にも自分の気持ちを人工授精までが限界でした。しかし、さすがに結果がでないこの状況で疲弊し、治療途中で、不規則だった仕事も辞め、体調を整え、環境を変え、やっと、岡本先生のところではない別の病院で体外受精に踏み切りました。正直、体外受精をしたら何とかなるだろうと思っていました。そして1度の採卵で3回移植しましたが、すべて陰性。お金をかけてまで子供がほしいと思っているのに授かれない。これはもう子供を持つなということなのか。と思いました。夫婦二人の人生も考えました。本当に辛かったです。みんなが当たり前に妊娠する中でなぜ私は・・そんなことばかり考えていました。
そんな時、友人などから岡本先生のところに行かずしてあきらめないでとエールをもらい、やっと岡本先生のところを訪ねたのでした。そして、なんと一度の採卵で一回目の移植で妊娠しました。岡本先生のところに通いだして5か月のことでした。
私たち夫婦以外に、私たちの妊娠をこんなにも熱意を持って応援してくれる岡本先生の存在は、大変頼りがいがありました。
まもなく生まれようとしているわが子は、このタイミングでしか会えなかったんだと思うと、数年間辛い経験を乗り越え、私たち夫婦の子供を授かるタイミングは、今、だったんだなと思います。ありがとうございました。

遠方からで通院も思うようにいきませんでしたが、無事出産できました

岡本先生には本当に感謝しております。スムーズに妊娠させていただき本当にありがとうございました。
今回は凍結していた受精卵での妊娠で、薬のスケジュールなども看護師さんに丁寧に説明していただき良かったです。遠方からでしたので、通院もなかなか思うようにいきませんでしたが、わがままを聞いていただき、紹介状を書いてくださり、無事出産できました。ありがとうございました。

2人目は色々あって大変でしたけど

無事に男の子を出産しました。凍結胚で2回目で妊娠でき、本当うれしかったです。
2人目は色々あって大変でしたけど、岡本先生、山口先生、スタッフのみなさんにとても感謝してます。本当にありがとうございました。

“妊娠はキセキ”心の底からそう思います

私は結婚したのが35才だったので、1年たって妊娠できなければ、病院へ行こうと主人と話していました。そして1年がたち、岡本ウーマンズクリニックへ。
検査中はタイミング法で、その後人工授精に3回チャレンジして失敗。2人の検査結果を考慮し、顕微授精へとステップアップしました。4回目の胚移植(採卵は2回)でようやく妊娠できましたが、それまでの私の精神状態は、とても不安定でした。
職場には治療内容を細かく話していたせいか、上司も理解して下さり通院の為の休みの変更等もスムーズにでき、その面でのストレスはほとんどありませんでしたが、どうしても女性が通院する回数が多い為、往復約4時間かけての通院に対するストレス、又、人工授精や胚移植に失敗した時のショックは回数が増える度に増していき、主人にもかなり八つ当たりしましたし、何度も泣きました。
“妊娠はキセキ”心の底からそう思います。岡本ウーマンズクリニックで治療できた事に感謝、感謝です。

妊娠が分かった時には大変なことも忘れるくらい嬉しかったです

私は今回、32歳で1人目を出産しました。なかなか子供ができず、結婚して1年たたないうちにこちらにお世話になりました。
ここは、有名なところで、先生の腕も確かだと思い、スタッフのみなさんを信じて頑張ってきました。すぐ妊娠すると思っていたのですが、タイミング法、人工授精でも授からず、体外受精することに決めました。注射やスケジュールが大変でしたが、妊娠が分かった時にはそんなことも忘れるくらい嬉しかったです。
こちらのスタッフのみなさんはとても優しく、本当に感謝しています。2人目、できれば3人目もほしいので、またお世話になる時はこちらのクリニックでお願いしたいと思っています。

御夫婦でよく話し合って将来後悔することのないように

長きに渡る治療で、正直心身ともに疲れ果てる時もあると思います。そんな時は、気負わず自分のペースで取り組んで下さい。何事も、ずっと無理を続けず、御夫婦でよく話し合って将来後悔することのないような方法を決断していって下さい。

夫も不妊治療に積極的に参画することが必要

タイミング法→人工授精→体外受精→顕微授精とステップがありますが、次のステップにいつ進むかというタイミングがすごく難しいと思いました。
ステップアップするのも中々勇気がいりますが、今のステップのままで続けていって妊娠できるかもわからないので、すごくその判断に迷うところだと思います。この判断には先生の見解も必要ですが、夫婦でどういう方針で不妊治療に取り組むのか等、二人で話し合うことが重要だと思います。そのためにも、夫も不妊治療に積極的に参画することが必要だと思いました。

ひとりでは不妊治療はできません

不妊治療中は、生理がくるたび一喜一憂してなぜ自分がと泣いてばかりでした。周囲からの何気ない一言で落ち込むことも多々ありました。治療と仕事の両立も大変で精神的につらい時もありましたが、夫がとても協力的で、家事や話を聴いてくれたりと、夫婦ふたりで乗り越えてきたからこそ、愛しの我が子に出逢うことができたと思います。
また、私の場合は明確な不妊の理由はなく、いつか自然妊娠できるのではとステップアップするのに悩みました。しかし、私の年齢は30歳でしたが、AMH値がよくなかったこともあり、先生の説明を聞き、納得するまで夫と話し合い、体外受精を決意しました。
体外受精では、採卵や移植の数か月前から薬を飲んだり自己注射などありますが、我が子に会いたい思いで、夫に支えてもらいながら頑張りました。
ひとりでは不妊治療はできません。夫の存在がとても大きいです。子育ても同じだと思います。今は愛しい我が子に出会うことができ、家族3人で毎日奮闘しながらですが、幸せに暮らしています。
何度質問しても丁寧に対応して下さった先生、看護師さん、スタッフの皆様にはとても感謝しています。ありがとうございました。

旦那として、しっかりと妻を支えてやってください

私たち夫婦は結婚9年目、今回で7回目の凍結胚移植で妊娠・出産し子どもを授かることが出来ました。
私たち夫婦として、治療以外に取り組んだことは規則正しい生活をする。正直それだけかもしれません。私自身としては、出来る範囲で病院の付き添い、薬のサイクルにあわせたり、流産するたびに妻のサポートやケアを心がけました。結果的に、治療に対して、夫婦で時間や考えを共有できたことが重要だったような気がします。
子どもが授かることが出来て、今でも決めてが何かは正直わかりませんが、結果としてあきらめなかった事が良かったような気がしています。そのために、男性としては自身でも不妊治療に対する理解を深め、治療・検査に積極的に取り組んで、妻のサポートすることが大事なことになってくると思います。
不妊治療をしていると、治療ばっかりになってしまいがちなので、いったん休憩してもいいですし、気分転換で旅行に行くなど、夫婦でうまく治療に取り組めるようにしていくと、治療のストレス軽減につながると思います。実際、私たちも3年目ぐらいの時に半年休憩したり、旅行に行ったりしていました。あと神頼みではありますが、初めて絵馬に「子供が授かれますように」と書いた年に、授かることができました(笑)。
夫婦でうまく治療に取り組めるように、妻のサポートと夫婦でお互いの考えを共有できるようにすること。そして上手にリフレッシュすること。旦那として、しっかりと妻を支えてやってください。思ってる以上に旦那が出来ることは沢山あると思いますよ!!

医療の力が全て届く訳ではない

治療は、先も見えず、必ず結果がついてくるとも限りません。でも、今できることを信じて、先で後悔しない様に努めることしか私にはできませんでした。
人工授精を受けても結局は赤ちゃんの力にかけるしかありません。医療の力が全て届く訳ではない。治療を受けてみて初めて実感したことです。
自分だけではない、外来患者さんの多さも一つの励みになりました。

嫁はホントに大変だったと思います

私は不妊治療を甘く考えており、いつかは必ず出来ると思いずっと生活しておりました。
最初は、薬局で漢方を飲んで治療をしていたけど、1年経っても出来ずに友人から岡本さんをすすめられ、岡本さんに通うこと4年でようやく授かりました。
今、振り返ると、自分にとってはあっという間の4年でしたけど、嫁にとってみれば長くつらい4年だったと思います。男性は協力することが限られていて、私は1回しか精液を持って行っていないけど、嫁は何回も通い、治療を続け、ホントに大変だったと思います。その事を途中で気づき、積極的に協力し、なんでもすることにしました。
たまごがまだあり、もう一人ほしいので、その時も2人で協力してがんばりたいと思います。

夫に原因があっても辛い治療をするのは奥さんです

私たち夫婦は夫である私の原因で妊娠しにくいと分かりました。幸いなことに無精子症等の重い原因ではなかったのですが、それでも通常の妊娠はなかなか難しいとのことでした。
夫に原因があっても辛い治療をするのは奥さんです、私も今思えばもっと早く原因を調べ、もっと早く行動すれば良かったと思います。
幸運なことに1回で妊娠でき、先日とても元気な女の子が生まれました。とてもかわいいです。岡本ウーマンズクリニックはすばらしい病院です。ありがとうございました。

治療の先には明るい未来がまっています

子どもがほしいと思いながらなかなか授からず、夫婦で話し合い、岡本ウーマンズクリニックへ行く事にしました。
すぐに体外受精をすすめられ治療を開始。やさしいスタッフの方々、先生のおかげで安心して治療できました。そして先日3,055gの元気な女の子を出産。2人の生活とはまた違う楽しい日々をすごしています。
治療の先には明るい未来がまっています。
私ももうすぐ2人目の治療を開始しようと思っています。

悩まれている方は少しでも早くまず受診して自身の状態を知って

結婚6年目で初めて受診し、顕微授精を経てこの度無事、元気な女の子を授かることができました。出産時は妻は35歳でした。
岡本先生、山口先生をはじめスタッフの方々本当にありがとうございました。本当に心から感謝しています。
私たちは、結婚して2、3年は新婚生活を満喫出来ればとの思いもあり、妊娠しないことをさほど意識することなく過ごしていました。結婚4年目を過ぎたくらいから、こどもが欲しいという気持ちが強まり、地元の総合病院を受診したりタイミング療法を試みもしましたが一度も授からず、結婚5年目には、夫婦お互い焦る気持ちもありその葛藤から衝突することも少なからずありました。
クリニックを受診するにあたり、藁をもすがる思いという思いがなかったわけでは無いですが、焦る気持ちは治療にマイナスだと思い、なるべくリラックスするよう自分なりに心掛けていましたが、丁寧な対応をされるスタッフの方々や、淡々とした中にも自信に満ちて熱く治療について説明される先生方のお話を聞くと、不思議と焦る気持ちも落ち着き、良い精神状態で治療に臨むことができました。女性の年齢と妊娠の関係等、恥ずかしながらクリニックを受診して初めて知ることもありました。
同じように悩まれている方は少しでも早くまず受診して自身の状態を知っていただくことが現状から前進する意味にもなりますし、その結果少しでも多くの方々に幸せが訪れることを心からお祈りいたします。

思い立ったが吉日です

28歳で結婚し、タイミング療法を試みたものの一度も授からず、33歳の時に初めて受診しました。すぐに子どもが欲しかったことと、遠方から通っていたこともあり、迷わず顕微授精を希望しました。
様々な検査を踏まえ、自己注射や点鼻薬、内服薬等で体を整えて、徹底した管理のもと採卵から胚移植まで行っていただき、通院後約半年で子どもを授かりました!今はおかげ様で無事元気な女の子を出産し、賑やかで幸せな毎日を過ごしています。
女性の体の周期で、1ヶ月2ヶ月と月日はすぐに経っていきます。 思い立ったが吉日です。皆さんのもとにも可愛い天使がやってくることを心から願っています。
岡本先生、山口先生をはじめ、スタッフの皆さん大変お世話になりました。
本当にありがとうございました。

どうしても自分の子どもが欲しかったので諦めませんでした

先日、念願の赤ちゃんを出産しました。
私は思春期の頃から生理不順でいろんな病院を受診してきました。様々な検査や治療を受けてきましたが、なかなか上手くいかず、ある先生が岡本ウーマンズクリニックを紹介して下さり、やっと自分の不妊の原因が分かりました。「多嚢胞性卵巣症候群」「高プロラクチン血症」という診断を受け、とてもショックでした。でもここでは色んな方法があり、妊娠できる可能性があると聞き、安心し先生を信頼し、治療を頑張ってみようと決心しました。
私の場合、体外受精というレベルの高い治療ではありましたが、自分の赤ちゃんが出来るならとどんな辛い手術や治療もちゃんと受け、パートナーの協力のもと頑張ることが出来ました。正直、手術や治療への恐怖、経済的な不安など様々な感情があり、何度もやめたいと思いましたが、どうしても自分の子どもが欲しかったので諦めませんでした。
体外受精に成功してからも、つわりや出産で体の変化に耐えきれず、泣きたくなることもありましたが、今、目の前でスヤスヤ眠る我が子を見るとどんな辛いことも乗り越えてきて良かったと本当に思います。病院からの励まし、パートナーや家族の支えにとても感謝しています。
みなさんも最後まであきらめない強い気持ちをもって「幸せ」な日々が必ず訪れると信じて欲しいです。心から成功することを願っています。

自己流ではなく、早く専門の先生にみてもらえばよかったです

基礎体温表をつけながら、妊娠を望んで2年が過ぎ、不妊症ではないかと不安を抱え、受診しました。卵胞の大きさをみてもらい、タイミング法を試みたところ、1度の受診で妊娠することができました。基礎体温による自己流のタイミング法ではなく、早く専門の先生にみてもらえばよかったと感じました。
夫婦で不安を抱え込んでしまっていましたが、思いきって受診してみて本当によかったと思っています。先生、本当にありがとうございました。

努力は絶対に結果に繋がると信じて

初受診から最後の受診まで1年間通院しました。
タイミング療法1回目で子宮外妊娠し、「すぐに妊娠するだろう」と気軽に過ごしていたら気づけば1年・・・。「これはステップアップしないとムリだ!次はステップアップしよう!!」と心に決めた時に妊娠しました。
毎朝測る基礎体温・毎晩飲む薬と、面倒だと感じた時もありました。どうして妊娠しないんだろうと悩んだ時もありました。でも、この努力は絶対に結果に繋がるんだ!と信じて、穏やかな気持ちで毎日を過ごせばどんな結果が出ても良い事があるみたいです。

先生を信じて通院して本当に良かったです

H27年7月に第2子を無事出産しました。初めての妊娠が子宮外で卵管破裂の為、片方の卵管切除、もう片方は癒着で通りが悪く、岡本先生を紹介してもらいました。
まさか自分が不妊治療をするなんて考えてもいませんでしたが、病院に行くと患者さんの多さにびっくり、そして皆さん赤ちゃんをさずかろうとこの病院に来てるんだと思うと、自分も頑張ろうと思うようになりました。
決して楽ではない通院、でも先生を信じて通院して本当に良かった、可愛い娘と息子に出逢うことができました。岡本先生、山口先生、私を母親にしていただきありがとうございました。

夫は出来る限り妻を支え、正しい知識を身に付け、現実と向き合う事が重要

よく長いトンネルに例えているが、本当にそんな感じがした。
ただ苦労が長いと感じた分、その瞬間を迎えた時の喜びも大きい。
治療の最中は精神的にもまいるが妻の苦しみを考えると耐える事も難しい事ではないと考える。少なくとも夫は出来る限り妻を支える必要があり、先入観を持たず正しい知識を身に付け、うまく現実と向き合う事が重要であると感じた。先にある幸せを想像し、その瞬間が必ず訪れる事も信じて欲しいと思います。また困難を乗り切る事で、夫婦間の愛情もより強くなると思います。

早く不妊治療を始めて良かったです

結婚して子供が欲しいと思い妊活を始めるも1年程経っても授からず、19歳の時に一度、排卵に関する不正出血で婦人科に通ったこともあるので近所の産婦人科で不妊検査を受けました(20代後半)。 しかし、一般的な検査で特に異常はないと言われ、また「欲しいと思い過ぎるとできないよ。」とまで言われ、超音波で排卵日がいつ頃か調べながらのタイミング療法を数か月、試しましたが出来ず、やっぱり何かおかしいと思い、岡本ウーマンズクリニックへもっと詳しくみてもらうことに。すると、AMHが極めて低いことが分かり、すぐに体外受精の治療を始めました。
いろんな人、家族や医療系の人にまだ若いから子供はできる、大丈夫とか言われたけど、早く不妊治療を始めて良かったです。今は無事に子どもを授かることができ、幸せです。

早めに自分の体のことを調べておくのはすごく大事です

私は20歳になる前の頃から生理不順で婦人科にはよく通っていて、ホルモンのバランスが悪いとずっと前から言われていました。
薬で一時的には整いましたが、24歳で結婚し、それからもずっと不順で1年は子どもが出来ませんでした。姉が助産師だったので、岡本ウーマンズクリニックの話を聞き、若くても妊娠しにくい人はしにくいから早めに検査した方がいいと言われ、検査した結果多のう胞性卵巣症候群とわかりました。
それからは、タイミングでは妊娠しにくいことを知り、旦那さんも検査した方がいいと言われ精神的にも落ち込みました。しかし、妊娠出来ない訳ではないと前向きにがんばろうと思って病院ではタイミングも進めつつ、これからの計画を立てようとしているところ、妊娠していることが分かり、先生も私もびっくりでした。病院に行ってからは4ヶ月が経った頃だったので、とても早い方だと思いますが、自分ではこの先長いんだろうなと思っていたので、妊娠が分かった時信じられませんでした。
ここに来て、自分の体のことを調べておくのはすごく大事だし、早く病院に来て良かったと思っています。今では周りの友達にも早いうちから検査しておくことをすすめています。

この経験を通して夫婦の絆がより強くなりました

人工授精1回→体外受精2回目で妊娠しました。
私は、産まれてからこれまで健康優良児でほめられる事があっても、病気やケガは一切なかったので、妊娠もいつでもすぐに出来るものだと思っていました。全くの無知でした。
一度目の人工授精の時が、現実を受け入れる事がなかなか出来ず、一番つらかったです。主人も始めは軽く考えていたようで、夫婦でショック状態でした。しかし、それから沢山夫婦で話し、院長のお話しでも勇気付けて頂き、治療を続ける事ができました。
妊娠も嬉しいですが、この経験を通して、夫婦の絆がより強くなりましたし、支えて下さった多くの方にとても感謝しています。ありがとうございました。

夫が出来ることはとても少ないけれど、妻の気持ちを一番分かってあげられるのも夫

1人目を不妊治療で授かり、上の子供が1才を過ぎたあたりで2人目の治療を再開しました。 2人目だから・・・と甘く考えていましたが何度かうまくいかず1年約かかって授かることができました。
途中夫婦のケンカも多くなり、1人目とはまた違う辛さがありましたが、年齢もあり、今やらないと後で必ず後悔する、ケンカはその後でも良い!と思って頑張りました。
実際、夫が出来ることはとても少ないのですが、一番気持ちを分かってあげられるのも夫だと思います。治療をきっかけに色々と教えてもらったような気がします。岡本ウーマンズクリニックの皆様には本当に感謝しています。ありがとうございました。

不妊で悩んでいる方はぜひ早めに受診を

娘も無事に一歳になりました。
元々卵巣に問題があり、早く妊活するよう主治医の先生から言われていましたが、仕事などで思うようにいかず。その後やはりすぐには妊娠できず、早めに夫婦でこちらの病院にかかりました。
タイミング法でもほぼ毎週のように通うのは心身ともにきつかったですが、いろんな人の協力のおかげで頑張ることができ、無事に妊娠・出産することができました。
私は卵巣のこともあり、どの先生にも貴院を紹介されていたので早めに行動に移せました。不妊で悩んでいる方はぜひ早めに一度受診してもらいたいです。
娘は本当にかわいいです。また、いつか2人目お世話になるかもしれません。

男性もたくさん来院されています

子供が大好きで早く授かりたいと結婚する前から思っていましたが全然できず残念でなりませんでした。ただ年齢が若く友達よりも結婚が早かったのもあって、全くあせってはいませんでした。
そんな時に岡本ウーマンズクリニックを妻が紹介していただき、お世話になったら無事妊娠、出産することができました。色々とアドバイスありがとうございました。
不妊治療で悩んでいる方達には特に旦那さんが協力的になって奥さんと治療を頑張ってもらえたらと思います。病院には男性もたくさんついて来ていらっしゃるので一緒に行きやすいですよ。

妊娠確定の判定を頂いた時は涙して喜びました

結婚して1年が過ぎ、なかなか子宝に恵まれなかった為、主人と相談し岡本ウーマンズクリニックさんへ行く事に決めました。
検査の結果、私が多嚢胞性卵巣症候群と潜在性高プロラクチン血症だという事が判明しました。タイミング数回と人工授精を四回試みましたがうまくいかず、何度も涙し気持ちが不安定になり落ち込んだりしました。
ステップアップを決意し、体外受精の保存胚移植で妊娠確定の判定を頂いた時は思わず涙して喜びました。
本当に岡本先生、山口先生、看護師さん、培養士さん、受付の方ありがとうございました。
今、治療されている方々、諦めずに頑張ってください。

安心して通院できました

不妊治療中は大変お世話になりました。
副院長先生の御指導を受けました。 先生はとても親身になって話を聞いて下さり、分かりやすい説明で、夫婦で治療を頑張ろうと思いました。その中で、一番安心したのは、赤ちゃんや子供さんは一緒に来院出来ないことでした。中々、子供を授かることの出来なかった私達は、赤ちゃんに対してシビアになっていました。そのような気配りが、とても安心しました。

納得しながら治療を進めることができました

以前は別の病院で治療を受けていましたが、先生からの説明もなく、何故子どもを授かりにくいのか・・・など、よく分からないままに通院していました。
こちらに転院してから、忙しい中で先生や看護師の皆さんがきちんと説明して下さるので納得しながら治療を受けられました。
通院して1年ちょっとで妊娠にいたりました。とても嬉しく思っています。

きつい治療の先に幸せな感動が待っています

今回は凍結胚を使用しての妊娠で、2人目を出産できました。1人目は約2年前に体外受精で授かりました。
子供ができるまでは、本当につらくて、赤ちゃんや小さい子どもを見ると涙が出てきたり、知人の妊娠を知るともっと苦しくなったりしていました。不妊治療をすることにためらった時期もありましたが、岡本クリニックに通って、きちんと精査していただき、無事に子供が授かれたこと本当に感謝しています。先生はじめ、スタッフのみなさまには大変お世話になりました。
高額な治療費が必要ですが、子供ができた喜びにかえることはできないと思います。また、治療も私は内服薬により眠気が強く、今回の治療はきつかったですが、出産してしまうとすべて忘れます。 今、頑張って治療されてる方も、すごく大変できついとは思いますが頑張ってほしいと思います。その先にすごく幸せな感動が待ってます。1人でも多くの方が妊娠出産をできますことを願っています。
今回の凍結卵使用でも治療を開始する際、スタッフの方から「早く迎えに行ってあげて下さいね、きっと待ってますよ」との声かけがすごく印象的でうれしかったです。ありがとうございました。

不妊原因が分かり、決心できました

2015年8月元気な男の子を出産しました。結婚から3年を迎え、29才の時に岡本ウーマンズクリニックを受診し、タイミング法から一気に体外受精へとステップアップしました。
結婚からの3年間は、専門学生だったこともあり、子どもをつくることを控えていましたが、卒業していざ欲しいと思った時になかなかできず他の病院を受診してもその原因が不明のまま何か月も過ぎていきました。そして判明したのが、潜在性高プロラクチン血症、多嚢胞性卵巣症候群。原因が分かった時、出口の見えないトンネルから光がさしたように感じ、何があっても頑張ろうと自分で決心をつけることができました。
37個の卵がとれ、9個が胚盤胞になり、その1個がたった1回のチャンスで私の下に赤ちゃんとして産まれてきてくれました。
治療は精神的肉体的負担も大きいですが、本当に頑張ったかいがあったと思います。あきらめず、たくさんの方のサポートを受けながら、素敵な命に出会ってほしいです。

プラス思考で笑顔で乗り越えようと心がけました

39歳で不妊治療をはじめました。いろんな検査で妊娠する確率がかなり低い結果が出た時、すごくショックでした。でも、少しの希望をかけることにしました。
はじめて自己注射をすることになり、不安と痛みで押しつぶされそうになりました。痛くて何度も泣きながら打ちました。卵子は2個採れましたが、1個しか育たず・・・これがだめならもうあきらめないといけないなと思いました。
不妊治療はどうしても女性の心身に負担がかかります。これだけ大変なんだ、痛いんだというのを少しでもわかってもらいたかったので、注射を打つ時、なるべく主人に側に居てもらいました。ただ居てもらうだけでもいいんです。
妊娠がわかった時、すごく嬉しかったです。でも、年齢が年齢なので不安要素がたくさんありましたが、奇跡の1個の卵が育っていると思うと、きっとだいじょうぶ!マイナスな事ばかり考えず、プラスな事を考え、笑顔で乗り越えていこうと心がけることにしました。
先生や看護師さん、受付の方、みなさんがすごく親切で、話しやすくて病院を受診するのが苦にならずにすみました。お世話になりました。ありがとうございました。

40歳で無事に出産、もう一人頑張ります

今回無事に出産することができ、元気な女の子と母子共に健康に退院することができました。
不妊治療中は、注射や通院等、仕事との両立しながら精神的、肉体的にもつかれた時もありましたが、今となっては“そのおかげ”と思えることができるようになりました。
1度目の妊娠は21週で死産という悲しい結果になりましたが、あきらめず病院へ通って本当に良かったです。現在40才という高齢出産でしたが、もう1人頑張りたいと思います。
高齢の方、一緒に頑張りましょう!!

思い切って体外受精をしてよかったです

私は結婚して6年、36才の時2度目の体外受精で授かりました。
結婚当初から子どもを望んで自己流で妊活をしてはみたものの恵まれず1年経過し不妊外来を受診しました。タイミング療法を数回行ったところで体外受精をすすめられましたが、夫がステップアップに積極的でないのと高額なのとでなかなかふみきれませんでした。しかし、35才を過ぎ焦りはじめてお金を貯め体外受精に望むことにしました。
肉体的、精神的負担に加え、経済的負担も大きいのでかなりの覚悟がいります。それに私は運よく授かり無事出産できましたが、そこまでの確率は高くありません。でも思いきって体外受精をして本当に良かったです。あんなに小さな受精卵が大きくなり今ここにいることは奇跡としか言いようがありません。

先が見えない不安に押し潰されそうでした

元々生理不順で結婚し、妊娠を希望して地元の婦人科でタイミングと誘発剤での治療を始めました。フルで仕事していたのもあり、2年ほどの間、時間を見つけての治療の中、卵巣が腫れ、腹水が溜まってしまい入院したこともありました。もう子供を授かる事なんて出来ないのかもしれない、悶々とした気持ちだけでした。
主人と何度も何度も話をし、仕事を辞めて治療に専念する決断をしました。岡本ウーマンズクリニックまで片道1時間半、治療に対する不安、見えない先への不安だらけでした。
院長先生と初めてお会いした時に、「この先生なら私をお母さんへとしてくださるかもしれない。」と思い治療が始まりました。初めての事で不安だらけでしたが、どの看護師さんも優しくサポートしてくださって、辛い時もありましたが、乗り越えることができました。
先が見えない不安に心が押し潰されそうな時もありました。その度に、こちらで赤ちゃんを授かられた方の体験談を読んでいました。初めての体外受精にむけて、自分自身の体を整える事にも努めました。
看護師さんのサポート、何より岡本先生のお力のおかげで、1度目の移植で無事に妊娠に至ることができました。本当にありがとうございました。

感心させられる事が沢山ありました

私は結婚と同時の37才からこちらの「岡本さん」に通い始めました。
生理不順という事もあり一度きちんと調べてもらいたいと思っていました。友人らの話で岡本さんへまずお話を聞きに行きました。すぐ検査したり治療したりするのかと思いましたが、まず先生が1時間かけてカウンセリングをして下さいました。先生の熱心さと熱い思いと実績のデータを見せて頂き、岡本さんに迷う事なく決めました。
別の病院で不妊治療している友人と検査の話をしている時、岡本さんの検査方法がいかに体に負担をかけずやって下さっている事を知り、やっぱり岡本さんで良かったと思いました。第二子の不妊の方もいる為か、子連れの来院を制限したり、番号で呼んだり、カウンセラーの方が常にいたり、看護師さんがみんな感じが良く説明もよかったりで、感心させられる事が沢山ありました。福岡まで通院していた友人も岡本さんでは受精卵が胚盤胞まで育ち、培養士さんの技術もすごいと思いました。私は岡本さんの御蔭で40才高齢出産を無事に出来ました。とても感謝していますし、友人らにも勧めています。

優しく親身になってくれたからこそ、乗り切ることが出来ました

一度妊娠したものの、8週で流産してしまい、それからなかなか妊娠しなかったので、こちらでまずタイミング法を教わりました。しかし、それも3度くらい通わせてもらったもののうまくいかずだったので、人工授精を行うことにしました。すると1回目で無事に妊娠することができました。
毎回毎回注射をしながら病院へ通うことは、時には辛いなと感じることもありましたが、院長を始め副院長や看護師さんが本当に優しく親身になってくれたからこそ乗り切ることが出来ました。
自分1人で悩まず、周りの方々にどんどん頼って少しでも気を楽にして臨むと、きっといい方向に向かっていくと思います。皆さん一緒に一歩一歩すすんでいかれたらいいなと思います。ありがとうございました。

どうしても子供が1人は欲しいという強い意志で不妊治療を決断

まず始めに岡本院長はじめ誠にありがとうございました。皆様の尽力もあって平成27年6月に母子健康で男の子を授かることができました。
正直、不妊治療という言葉は私達には関係ないだろうと思っていました。しかし、結婚して以来、長い間、子供が出来ないという事実を重ねることにより、不妊治療という言葉が重くのしあがってき始めました。どうしても子供が1人は欲しいという強い意志があったので、この不妊治療という現実を受け止めざるを得ない状況になりました。それからというもの妻と治療問題、精神面、金銭面を考慮した結果、不妊治療をしようという決断に至りました。 世間体とか関係なく、とにかく子供が1人でいいので欲しいという強い意志のもとで、私は具体的に精子を検出し異常がないかどうかの検査をしました。
幸い、私達は体外受精2回目でうまくいきましたが、中には何回やっても出来ない方も多数いらっしゃると思いますが、諦めないで下さい。子供が欲しいという強い意志があれば、いつの日か必ず報われる日が来ることを願って私達の体験談に代えさせていただきたいと思います。諦めず頑張って下さい。

不妊治療は夫婦二人での共同作業であることを痛感しました

二人で岡本ウーマンズクリニックを初めて訪れたのは平成25年になります。
当初、夫である私は妻と事前に十分話をした上で不妊治療を決めた訳ですが、実際にクリニックに通っていくうちに、自分の勉強不足、知識不足を思い知らされることとなりました。そこで、実際にクリニックに通うのは主として妻ですが、夫である私も間接的にではありますが不妊治療に積極的に参加したいと考え、妻と同行できる日は可能な限り、通院に同行することにしました。
改めて、不妊治療は夫婦二人での共同作業であることを痛感しました。妻への夫の精神的サポートは不可欠です。

夫婦二人でポジティブに、思い詰めすぎずに

クリニックで検査をしたところ、男性不妊が判明し、そこから1年での妊娠となりました。
顕微授精だったのですが、通院中は自分の力で妊娠できない事のうしろめたさや不安がたくさんありました。ですが、岡本先生をはじめ看護師さん達のあたたかい優しさや前向きさに救われ、ポジティブに治療に取り組めた事が妊娠につながったのではないかと思います。また、幸いにも旦那が子どもが欲しい気持ちが強く、いつもサポートしてくれた事も大きかったと思います。
夫婦二人でポジティブに思い詰めすぎずに頑張れた事は今となってはいい思い出です。何かと女性に負担が大きい治療ですが、明るい気持ちでがんばってください。

男性がサポートすることで、女性の負担を少しでも軽減できると思います

妻が通院していた産婦人科で年齢的なこともあり、早い段階で岡本先生の紹介を受け、お世話になりました。
おかげさまで子供を授かることができ、無事に元気な男の子が誕生しました。振り返ってみると、妻の通院から不妊治療、出産に至るまで辛いことにも耐え、前向きに頑張ってくれたことに感謝しかありません。男性は不妊治療の精神的・肉体的負担の辛さを味わうことはできませんが、共同作業としてサポートすることで少しでも負担を軽減することはできると思います。チャンスをいただいた岡本先生をはじめ、他先生方、スタッフの方々に感謝いたします。ありがとうございました。

元気な男の子を出産しました

おかげ様で無事に元気な男の子を出産することができました。
今ふり返ると治療には薬や注射と肉体的、精神的につらく大変な時もありましたが、通い始めて半年で子供を授かることができました。いつもやさしく接してくださった岡本先生、山口先生、スタッフの皆様、本当にお世話になりました。ありがとうございました。

早目に自分の体を知っていて損はないと思います

私は元々20代で結婚し、第一子を20代で出産したいなと漠然と昔から思っており、実際26歳で結婚したので、生理も毎月来ているし、夫婦仲も良く、すぐ授かるだろうと思っていました。
排卵予測日アプリを使ったり、漢方を飲んだり、自分なりに行ってはいましたが、検査をしてみると夫婦共に原因があって、授かりにくい状態であることが分かりました。自然妊娠が難しいことを知った時は大変ショックでした。2回採卵を経験し、現在妊娠中で、お腹の中の子は女の子のようです。
私は今30才ですが、治療をしている人の中では若くから取り組んだ方だと思います。しかし、年齢や普段の健康状態は関係なく、子どもが欲しい場合は早目に自分の体を知っていて損はないと思います。そのうち、と思っていると気付けば高齢出産と言われる年齢になっているかもしれません。また不妊治療と一言で言っても夫婦ごとに違うと思います。とにかく男性も恥ずかしからずに検査を受け、自分に原因がなくても夫婦二人の問題として考えて欲しいと思います。
私の場合、週2,3回の出勤の仕事でさえ休みを取る必要があったので、仕事のある女性は、ご主人だけでなく、勤め先に理解を得る必要があるかもしれません。
第二子を考える際も岡本さんにお願いすることになりますが、その頃自分がどこに住んでいるか分からないので不安はあります。治療中の方も出口が見えないような気持ちで大変かと思いますが、御夫婦で協力し、諦めずにいれば大丈夫だと思います。大変お世話になりました。

男性は根気強く妻を支える事が必要

結婚して10年、中々できず35歳を目前にしてちゃんと検査をした方がいいと思い、岡本ウーマンズクリニックへ行きました。
検査の結果、二人ともに特に不妊の原因はなかった為、ホッとした反面、原因が分からない事に不安を感じましたが、クリニックの説明を聞き、体外受精の方法を選択しました。胚移植3回目で妊娠することができ、その時の感動は忘れることができません。ただ、採卵、胚移植も女性の負担が大きく、妊娠できなかった時のショックも女性が強く感じると思うので、男性は根気強く妻を支える事が必要だと思いました。クリニックの支えと妻の頑張りにとても感謝しています。

早目にステップアップし体外受精をして良かったです

結婚して10年、いずれ子どもができるだろうと考えていましたが、なかなかできず、年齢的なこともあり、最後のチャンスだと思い貴院に通うことを決めました。
夫婦共にこれといった不妊の原因は分からないが、私のAMHの低さを指摘され、体外受精をすることに決めました。
通院約1年間、採卵1回、胚移植3回目で妊娠することができ、無事に元気な男の子を出産しました。
自己注射等、つらいこともありましたが、私は早目にステップアップし体外受精をして良かったと思っています。クリニックの皆様ありがとうございました。

思いきって治療を始めてよかったです

主人の転勤で1年だけ長崎に住むことになり、近くにいい不妊のお医者様がいるからと訪れたのがきっかけでした。
その時28才で、周りからも焦らなくて良いと言われていましたが、妊娠を考えてから半年、授からず岡本さんを頼りました。結果、私はAMHが実年齢(平均)よりも低く、高プロラクチンと原因がわかりました。薬をいくつか試し、クロミッドを使った周期で無事妊娠することができました。
5月に初めて岡本さんを訪れ、妊娠が分かったのは8月です。別に行かなくても授かったんじゃない?と周りから言われましたが、AMHが低いということは残りの卵が減っているということで、決して不妊治療開始が早すぎたとは思っていません。元気に泣いて笑って飲んで眠る我が子に会えて、心から思いきって治療を始めてよかったと思います。
途中、1周期旅行に行ってリフレッシュしたかったため、治療のお休みを申し出た時もこころよく承諾して下さり、自分のペースを守りつつ治療できました。
皆さんの元にも可愛い赤ちゃんがやってきますように!

あきらめかけている方にも希望を持っていただければ…

私は2008年11月に結婚し、それから1年半後に別の病院で不妊治療を約3年程度受けました。人工授精、体外受精、子宮内膜症手術をしましたが授からず、体外受精の採卵時空胞だった時もあり、自分はもう妊娠は無理かなと思ってあきらめかけてましたが、主人のすすめで病院を変えてみればと言われ、岡本ウーマンズさんをたずねました。
岡本先生は熱心に治療について教えて下さり、まわりの人から恐いイメージで聞いてましたが、実際全くちがい色々わかりやすく説明してくれました。
治療が始まり、前の病院と使う薬なども違い、やはり病院によって変わるんだなと思いました。採卵してみたら卵が2コ採卵出来、1回目は残念ながらダメでしたが、2回目の体外受精で妊娠判定が出ました。先生から妊娠判定を聞いた時は最初は信じられず、だんだんと涙がこぼれてきました。病院を出て、母に電話した時には涙が止まらず道路で泣き続けました。
あきらめかけてた赤ちゃんを授かることが出来、岡本ウーマンズさんにすごく感謝しています。ありがとうございました。
私のようにあきらめかけている方にも希望を持っていただければと想いお手紙を書きました。おなかの中で順調に育っていき、今は10ヶ月になり、もうすぐ産まれてくる赤ちゃんに会えるのを楽しみに過ごしています。本当にありがとうございました。

通院は大変だったし、精神的、痛み的にも辛かったけれど…

結婚して2年目妊娠できず、病院へ治療のため家から近くに行ってましたが、タイミング療法のみで何回もしましたが結果はでず、思いきって当院に伺いました。
検査や説明など他、原因がやっとわかり、自分だけでなく、夫婦で見つめ直すことができ、これからのこともはっきりわかり、治療に入ることができました。
治療に通うのは大変だったし、精神的、痛み的にも辛かったけど、看護師さんの声かけ、相談にのって頂きすくわれました。当院に行ってなければ、今の妊娠・出産はなく、こんなにかわいい自分たちの子供とも出会えませんでした。本当に感謝してます。ありがとうございました。

そのうち授かるだろうと思っていました

年齢を考えると子どもが欲しいなぁと思いつつ、焦る気持ちも少しあるものの、そのうち授かるだろうと思っていました。結婚して1年、そして35歳を過ぎ、このまま時間だけが過ぎていくなら早いうちに一度、検査を受けてみようと思ったのが不妊治療開始のきっかけです。
不妊治療については私自身、ほとんど知識がない状況でした。病院についても全く分からず、WEBで見た病院の評判やHPなどでしか情報を得られませんでした。いくつか不妊治療の病院がありましたが、「岡本ウーマンズクリニック」のHPで院長先生の言葉や病院の印象がとても良く、この病院に決めました。
「タイミング法→人工授精」(半年)をしましたが、なかなか授からず、ステップアップ(体外受精)するか悩んでいた時、年齢的にも早くした方がいい。と先生からアドバイスを受けました。採卵、体外受精について院長先生や山口先生から説明して下さり、また不安な事や分からない事は看護師さんがきちんと説明してくれました。また不妊治療について夫婦で話し合い、夫の協力があったからこそ前に進めたんだと思います。
治療を開始して1年、体外受精をして妊娠することが出来ました。そして2015年2月にとっても元気でかわいい男の子が産まれました。
岡本院長先生をはじめ、山口先生、看護師の皆さんには本当に感謝しています。本当にありがとうございました。

お互い労りの心を持ち、協力し合って壁を乗り越えていって下さい

結婚7年目にしてやっと親になることができました。
最初は不妊やその治療に関して全くと言っていい程の無知、無自覚でした。妻からの強い要望もあり、病院に行って検査を受けてみると、夫婦ともに問題があり治療が始まりました。
しかし私の方にたいしてする事もなく、妻の方は見るからに大変そうでした。受精の為の採卵手術の準備が始まり、つらそうな注射と薬漬けの日々、無事に採卵も終わり良好胚もいくつかできました。そのうち一つを移植し、幸運にも一回目の顕微授精で妊娠することができました。
今、思い返してみても、妻に対する感謝に堪えません。男性に対して女性の負担は計り知れないものがあります。お互い労りの心を持ち、協力し合って壁を乗り越えていって下さい。
それから岡本先生他皆様にも大変お世話になりました。患者さんの中には先生のことを恐いなどと思う方がいらっしゃるかもしれませんが、私は不妊という症状に真摯に向き合って本気で治療されようという思いが伝わってきました。良い病院です。先生とスタッフの方を信じて心穏やかに治療されて下さい。
私の経験が少しでも役にたつ方がいるかと思い筆を取らせて頂きました。どんな結果になろうとも皆さまが「これで良かった」と思える日が訪れることを願っております。

夫婦でしっかりと前を見て進んでほしい

子供を授かることができず、長い間苦しく悲しい思いをしてきました。生理がきては涙を流し、このままでは時間ばかり過ぎていくと思い、不妊治療を始めました。
治療中は注射や薬、採卵時の痛み等ありましたが、これも子供を授かるため、そしてもし授かれなくても自分が子を授かれない事に対して納得するためには必要だと思いながら治療を進めていました。
今回無事妊娠、出産を終え、多くの時間やお金を使いましたが、治療をして本当に良かったと思います。治療なくして我が子に会うことはできなかったと思います。
不妊治療はとても大変ですが、夫婦でしっかりと前を見て進んでほしいと思います。昔なら治療すらできなかったのに、今の時代だから治療ができると思います。辛い事もあると思いますが、先生やスタッフの方を信頼して乗り越え、一人でも多くの方が良い結果を得ることができるよう願っています。

主人をはじめ、家族の協力、支えがあったから頑張ることができました

H27.1月3,388gの男の子を出産しました。
20代前半より生理不順があり子供はできにくい体だろうと自覚していた為、結婚を機に地元の病院にて誘発剤を使用しタイミング法にて治療。妊娠するも5週で流産。その後1年経っても妊娠する事が出来なかった為、貴院へ通う事にしました。
34歳になっていた為少しでも早い方がよいと体外受精をお願いし、1回目の移植で妊娠する事ができました。2時間以上かけての通院、自己注射、精神的・経済的負担等たいへんな事はたくさんありましたが、主人をはじめ、家族の協力、支えがあったから途中であきらめる事なく頑張る事ができました。治療を通して命を授かる尊さや大変さを学べて人として成長できたのではないかと思います。赤ちゃんを望むすべての方々に幸せな結果が訪れる事を祈っています。

見守ってあげる事が大切だと思います

男は中々協力していける部分が少ないように感じます。
私は長く気長にやっていこうと決めていたので、妻が焦ったり不安になったりしても、私は焦らずにペースを整える事に重きをおいていました。何もしてやれず、もどかしくなりますが、私まで同じように不安になったりせず、見守ってあげる事が大切だと思います。
焦らず、がんばりすぎず、治療と向き合っていきましょう。

↑PageTop